認定NPO法人ハートフル

配食サービス

ハートフルでは、手作りのお弁当の配達をしています。

"無料" でご試食できます(1食のみ)
まずはお味見をしてみてください

試食の申込み・お問い合わせ先
配食サービス担当 027-325-5085
【受付】月曜~土曜 9:00~17:00

■ ご要望に合わせて、2つのタイプからお選びいただけます。

おふくろ弁当 おふくろ弁当イメージ
・741円 (税込800円)
・昼食(月曜~土曜) 夕食(月曜~金曜)
 週1回からOK 1個からお届け 
・保温容器を使用
・主食・汁物がついた、バランスの良い献立
「おふくろ弁当」パンフレット(334KB)

ハートフル設立当初から続く人気商品です!

ハートフル弁当 ハートフル弁当イメージ
・593円 (税込640円)
・昼食(月曜~土曜) 夕食(月曜~金曜)
 週1回からOK 1個からお届け  
・使い捨て容器を使用
・おかずをメインにした献立
「ハートフル弁当」パンフレット(671KB)

平成28年2月より新登場! お客様の声から生まれました。
ご要望にお応えして 平成28年11月より 昼食 も開始!

※ このほかに「高崎市配食サービス」もあります。ご利用には条件があります。詳細はこちらへ こちら

「おふくろ弁当」「ハートフル弁当」の特徴

調理イメージ
  • 素材の味を大切に、手づくりしています。
    漬物も自家製です。
  • 冷凍食品・化学調味料は使用していません。
  • 飽きのこない日替わり献立です。
    昼食と夕食も別の献立です。
  • 安心・安全な食材を使用して、だしを利かせて塩分控えめに仕上げています。
  • きざみ食、おかゆ、やわらかごはんへの変更ができます。
    (おかゆは「おふくろ弁当」のみの対応となります。)
  • いつもとお変わりないか、手渡しで確認します。
    (緊急時には、事前にお申し出頂いた連絡先へご連絡いたします。)
  • 1食だけの注文もお受けしています。
    前日17時までのご連絡で、急なキャンセルや追加注文もお受けします。
  • 祝日もお届けします。
    (ただし、年末年始(12/31~1/3)はお休みです。)

お客様の声  ~多くの方に喜ばれています~

高齢者の食事イメージ
  • 季節感あふれるメニューで、飽きがこない。
  • まさに「おふくろの味」! 懐かしい気がします。
  • ちゃんとおダシをとって作ってあるので、香りが違いますね。
  • おなかの調子が悪い時に、おかゆに変更してもらえたので、助かりました。
  • 昼食と夕食でメニューが違うので、両方とも頼んでいます。
  • 配達してくれるスタッフとの何気ない会話も楽しみです。
  • 離れて暮らしている両親のために注文しています。安否確認もしてくれるので安心です。

メニュー例

※ 実際にはそれぞれの容器でのお届けになります。
※「おふくろ弁当」には、これに汁物が付きます。

献立表

クリックするとPDFファイルが開きます。

※ 地産地消の食材を用いており、食材の仕入れによって内容が変更になる場合があります。ご了承ください。

ご注文・お問い合わせ

弁当配達スタッフイメージ

ハートフル「配食サービス担当」までご連絡ください。ご利用方法をご案内いたします。

配食サービス担当 027-325-5085
【受付】月曜~土曜 9:00~17:00

配食サービスが「広報高崎」に掲載されました(平成29年12月15日号)

ハートフルの「配食サービス事業」が、高崎市の広報誌「広報高崎」平成29年12月15日号に掲載されました。(表紙・6-7ページ・28ページ)

広報高崎掲載記事

【28ページより】
今回の表紙 配食サービスで配達を行う認定NPO法人ハートフルの皆さん

「昼ごはん持って来ましたよ」「ありがとう。いつも残さず食べてるよ」。
玄関先で談笑するのは、高齢者配食サービスの利用者とハートフルの配達スタッフです。認定NPO法人ハートフルでは、栄養士が考えた栄養満点の「お袋の味」を高齢者の自宅までお届けしています。希望に合わせておかずの大きさや量を調整。食事を直接手渡しながら体調を伺うなど、高齢者の様子を見守ります。「利用者が笑顔になってくれるのがうれしくて、本当にやりがいがありますよ」と今日も温かい食事を利用者の元へ運びます。  撮影場所:ハートフル(石原町)

【6-7ページより】
ほっとTタイム ミニ座談会
おいしさで高齢者の健康をサポート。配達で見守り。
配食サービスの現場から

市は、栄養バランスの取れた食事を高齢者に届ける「高齢者配食サービス」を行っています。
昨年からサービスを拡充し、土・日曜日を含めて朝昼晩の3食で利用できるようになりました。
これは全国でも例の無い取り組みです。定期的な安否確認や見守りにもつながっています。
今回は、実際に現場で携わるスタッフとボランティアを迎え、配食サービスの現状についてお話を伺います。

朝昼晩の3食で利用できる栄養満点の配食サービス

市長 高崎市では、介護保険の事業で高齢者配食サービスを行っていますが、これには大事な役割が2つあります。ひとつは栄養バランスの取れた食事をお年寄りに召し上がっていただくこと。そしてもうひとつは、お年寄りの見守りです。私は、以前からもっとこの配食サービスを充実したものにしたいと考えていましてね。これまでは昼食だけだったものを、昨年の4月からは朝食と夕食も利用できるように改善したんですよ。やはり食事は3食とるものですから。まず熊谷さんに伺います。ハートフルは以前から配食のサービスを行っているそうですね。
熊谷 はい。当NPO代表のお母さんが、自費でお弁当を作り始めたのがきっかけと聞いています。
市長 現在はどのような形で?
熊谷 添加物を使わない「お袋の味」を目指していて、栄養士が毎月献立を考えています。配達は、だいたい1人ですが、中にはご夫婦でという人もいて、10件から15件ほどを担当してもらっています。ハートフルでは日曜日を除いて昼食と夕食に対応していますが、夕食の利用が多いですね。
市長 お年寄りの反応はどうですか。
熊谷 出来立てをパックに詰めてすぐに持っていくので「ありがとうね。いつもあったかいのを楽しみにしているよ」と喜んでいただいています。
市長 うれしいですね。髙岸さんには民生委員としてもご苦労いただいていますが、配食サービスにも関わっていただいているんですね。
髙岸 はい。うちの地域では、老人ホームで作っているお弁当をお年寄りの自宅にお届けしています。皆ボランティアで、火曜日と金曜日のお昼を配達しています。11時半くらいに持っていくんですが、本当に温かいままお届けしているので、お年寄りはすごく楽しみにしてくれていますよ。

調理から配達までシニア世代がチカラを発揮

市長 髙岸さんの地域ではボランティアが自発的に配達してくれているんですか?
髙岸 はい。自分たちでお弁当を取りに行って配達しています。ボランティアの中には80歳くらいの人もいるんですよ。自分がボランティアしてもらうような世代の人が、自転車で配ってくれているんです。
市長 それはすごいですね。熊谷さんのところでは若い人が?
熊谷 いえいえ、うちも配達はシニア世代が頑張っていますよ。調理も60~70代のシニア世代です。私がまるで娘のようです(笑)
市長 元気な高齢者の力は本当にありがたいですね。皆さんにご苦労いただいて、頭が下がる思いです。

見守りにつなが配食サービスの役割

市長 高齢者世帯が増え続けるこれからの時代、配食サービスの見守りという面がますます求められると思います。
髙岸 そう感じます。実は最近、うちの地域で配食を利用しているお年寄りが亡くなったんです。ちょうど祝日で配食がお休みだったんですね。いつもお弁当が届くのを楽しみにしてくれて、11時にはドアを開けて待っていてくれるような人でした。だから、お弁当を手渡しするときには必ず声掛けをして、体調などお年寄りの様子を注意して見てくださいって、改めてボランティアの皆さんにお願いしているんです。
市長 それは残念なことでした。配食サービスは、いわば「安心見守りシステム」なんです。特に一人暮らしのお年寄りにとって、この役割は大きいんですよ。
髙岸 はい。そういう意味でも、この配食サービスを利用したいなと思っている、多くのお年寄りにお届けできたらいいなと思います。

高齢者を支えるさまざまな取り組み

市長 私は、全国でも問題になっている、一人暮らしのお年寄りの孤独死を無くそうと決意しましてね。無料でトイレやお茶の間などにセンサーを付けて反応が無かったら助けに行くという仕組みを作ったんです。
髙岸 ご自宅にセンサーを付けてもらえると安心感が違いますよね。
熊谷 そうですよね。
市長 他にも徘徊が心配な認知症の高齢者のために、GPS機器を無料で貸し出したり、空き家を使ってお年寄りがお茶を飲めるようなサロンにする場合に補助したりしています。今度、お年寄りが運転免許証を返納した場合に商店で割引が受けられるような取り組みも始めました。今後とも皆さんにご協力をいただきながら、お年寄りが安心して暮らせるまちづくりを進めて行きたいと思います。本日はありがとうございました。
一同 ありがとうございました。

広報高崎掲載記事

【密着レポート】認定NPO法人ハートフルの配食サービスの現場を取材しました。
「おいしさ」が自宅に届くまで
(1)無添加のお弁当は、やわらかめにしたり、大きさを一口大にしたりするなど、利用者に合わせて対応しています。
(2)配達スタッフは、配達前にミーティングを実施。ルートや手渡すときの注意事項などを確認します。その後、担当ルートの食事を車に積み込み。安全運転で利用者宅へ出発。
(3)体調や様子を伺ったり、世間話をしたり。利用者に直接食事を手渡します。高齢者の見守り・安否確認につなげています。
「週に1度利用しています。配食サービスがあって助かっていますよ。栄養のバランスが良い食事でおいしくいただいています。」

(引用:「広報高崎」平成29年12月15日号)

高崎市「配食サービス」事業

給食サービスイメージ

ハートフルは、高崎市で行っている「配食サービス事業」の委託を受け、配食(弁当の配達)も行っています。
メニューや材料は「おふくろ弁当」と共通ですが、使い捨て容器でのお届けになります。
(別容器での汁つき)

ご利用には、以下の条件があります。また、利用にあたっては配食サービスをケアプランに位置づける必要があります。

次のいずれかに該当する65歳以上の高齢者のうち、生活機能の低下等の理由で自ら調理をすることが困難であり、食事について援助を受けられず、「低栄養の改善」「見守り」が必要な方。
・介護予防・生活支援サービス事業対象者
・要支援者
・要介護者

※ 平成28年4月より「高崎市配食サービス事業」の制度が変更になりました。
 詳細は、お住まいの地域の 高齢者あんしんセンター、または担当のケアマネジャー様へお問い合わせください。

  • 高崎市の高齢者あんしんセンターの連絡先(外部リンク)こちらへこちら
  • 高崎市配食サービス事業のホームページ(外部リンク)こちらへこちら
Adobe Readerダウンロードのページへ

※ PDFファイルの表示・印刷には Adobe Acrobat Reader が必要です。
ご使用のパソコンに Adobe Acrobat Reader がインストールされていない方は、インストールしてからご覧ください。