認定NPO法人ハートフル

ハートフルは「パートタイム労働者活躍推進企業」です

パートタイム労働者活躍推進企業

パートタイム労働者活躍推進企業 最優良賞受賞

ハートフルでは、パートタイム労働者の活躍推進への取り組み(下記の <取組内容> を参照)を積極的に進めています。
その取り組みが認められ、平成27年度「パートタイム労働者活躍推進企業表彰」 最優良賞(厚生労働大臣賞) を受賞しました。


※ パートタイム労働者活躍推進企業とはこちらへ制度の説明(外部リンク)
※ 平成27年度 表彰企業の一覧 こちらへ一覧表(外部リンク)

・取組内容の紹介記事
 こちらへパート労働者活躍企業好事例バンク(外部リンク)
・ハフィントンポスト掲載記事
 こちらへパートタイムでも正社員でも 多様な働き方を可能にする取り組みとは(外部リンク)

表彰式典にて 取り組み事例が放映されました。(約4分19秒)

取組事例集


Adobe Readerダウンロードのページへ

※ PDFファイルの表示・印刷には Adobe Acrobat Reader が必要です。
ご使用のパソコンに Adobe Acrobat Reader がインストールされていない方は、インストールしてからご覧ください。



パートタイム労働者活躍のための取り組みと成果

ハートフルスタッフ

<取組内容>

・「とことん顔を向き合わせて話す機会を創る」
・「アンケートで本音を聞き出す」
・「目標を設定しともに成長する機会を設ける」
これが取組のポイント!

1 正社員とパート社員で同じ評価制度・同じ計算方法で賞与に反映同じ処遇を目指す
正社員とパート社員ともに同一の評価表を用いて、「意欲・責任」「チームワーク」「業務遂行」等10種類計43項目で評価を行い、結果を同じ計算方法で賞与に反映。
正社員と業務が似通っている場合はパート社員の賃金を正社員の賃金額に近づけ、同一労働同一処遇とすることを目指している。 自己評価と上司の評価をグラフ化し、比較・確認できるようにして面談を実施。さらに代表とも面談し「代表目標」を設定。
2 幅広い事由で利用できる短時間正社員制度を整備
年2回転換試験を実施。転換できなかった場合にも結果をフィードバックして次につなげており、転換実績は9名。
また、正社員転換後すぐに利用できる短時間正社員制度を設けており、育児や介護だけではなく、自己啓発やボランティア、その他の事情など幅広い事由で利用可能としている。
3 トップの発案・創意工夫により様々な研修を実施
年間の教育計画、介護業務に必要な実務研修はもちろん、それ以外にもフレキシブルに、様々な研修を実施し、スキルアップを図っている。
また、社員一人一人に研修・目標手帳を交付し、月目標・年目標を設定し上司が指導・サポートを実施している。
4 パート社員の本音を聞き出すアンケートや面談を充実
社員アンケートや、産業カウンセラーの配置、管理者だけではなくトップとの面談も充実させるなど、パート社員の話をよく聞き、個々人に応じたサポート体制を構築している。
5 働きやすく、そして休みやすい職場環境を長く働くことができる職場へ
共有PC上の伝言板・勤務表のメモ欄、各部門の連絡票など複数のツールを活用し、行事や業務伝達事項などの情報共有により職場の見える化を図り、働きやすく休みやすい職場環境を整備。
仕事と家庭の両立支援のため、子連れ、孫連れの出社を可能として育児参加の意識を高めるとともに、休暇の多さ日本一を目指し、年次有給休暇の取得促進の他、パート社員にも、チャイルド休暇、誕生日休暇、ボランティア休暇、障がい者等家族支援休暇、勤続10年休暇等の休暇制度を設けている。

<取組の成果>

平成22年度から平成25年度までの退職者の平均は18.5人であったが、平成26年度は7名、平成27年10月現在では2名と、退職者が激減し、募集や教育にかかるコストが大幅に削減。
また、研修の充実等により、パート社員の利用者に対する理解が深まり、業務に対する責任感が増した。それによりサービスの質が向上し、利用者の満足度も100%近くに達している。